Home > お気に入り Archive

お気に入り Archive

軽井沢のケーキ♪

気温 最低13℃/最高15℃
今日はセラミックヒーターのスイッチオンです。
さっそくさくらがやって来ました。
9月15日


軽井沢のケーキ♪
峠を下れば軽井沢。
あれこれお店があるけど近いと意外と行かないものです。

でもたまには。
中軽井沢のパティスリー・シェ・カジワラさんのショコラ系のケーキを買ってきてもらいました。

こう太の寝ている静かなうちに・・・いただきます~♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

ちょっと復活こう太と八ヶ岳から来たモノ

気温 最低4℃/最高17℃
5月らしさが戻ってきた晴れの一日でした。

ちょっと復活してきたこう太
散歩の後、今日も昼寝三昧のこう太。
リラックスして眠れるのは何よりの薬です。

夜にはここ数日聞いてなかった「くれっ」も復活。
昨日のてくてく散歩の効果なのか(?)、おうちがこわいも無くなってきたようです。
よかった、よかった。


そしてもう一つ。
八ヶ岳から帰ってきたトモ夫からのお土産。
天然酵母パン
もっちもっちの天然酵母のパン。

と、
敷地のウド
ウド。

唐突ですが、
初雪の降る前くらいには八ヶ岳で新たな暮らしが始まる予感・・じゃなくて予定です。

パンもウドも新たな暮らしではとても身近なモノになりそうです(^^)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

デカズッキーニ

気温 最低16℃/最高22℃
今日は『海の日』なんですね。
海とは程遠いここ北軽井沢は晴れたり曇ったり、涼しいです。
別荘の人達の車がワサワサしています。
7月20日


土地柄、夏になるとトモ夫が仕事先で夏野菜をもらってきます。(かなり)
昨日はナスとズッキーニ。
その中のズッキーニが・・・
デカズッキーニとこう太
デカいこと!

こう太と比較するデカズッキーニ
おやつで静止させて、わかりやすくこう太と比較。
ヘチマサイズのデカズッキーニ、さてどうやって食べようか?

ぜんぜん興味なしだけど、
こう太とさくらのごはんにも入れちゃいますよ^^


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

北国からのお届け物

気温 最低13℃/最高19℃
時折り雨も降り、森の中は冷え冷えでした。

手作りおイモ4種
先日、北海道に暮らすkutchiさんからうれしいお届け物がありました。
自宅の菜園で作った新物のおイモ4種。(うれしいことに食べ方アドバイスまで♪)
インカのめざめ、アンデスレッド、シンシア、キタアカリと名前もバラエティに
とんでますが、その味も食感もそれぞれ個性的でジャガイモだけで楽しめます。

ちょっと北海道を懐かしく思いながら、いただきま~す。

確認こう太
お届け物といえば『こう太』。
封を開けたらまずはこう太の確認作業から始まります(^^;


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

美瑛ワンコ

気温 最低13℃/最高23℃
北海道の新米ももうすぐかな?
色づく稲穂とボーっとしているさくら

美瑛に行くと必ず寄るところ・・・
見に行くというより、会いに行くところ。
それはワンコです。

ある冬の日に美瑛を訪れた時、
まだ仔犬だったワンコに会いました。(外犬)
白いし、足短いし・・こう太の仔犬の頃とそっくり!と、
それ以来、成長を密かに見続けて(といってもたまーにだけど)いるのです。

美瑛ワンコ似てるかなこう太
顔は比べると違う??
でも、体格とか動きは似てるんですよ~。

ミニこう太

気温 最低9℃/最高25℃
カラカラの晴天で日増しに気温が上がり、ついには夏日です!


東京の妹子から思いもよらぬ画像が送られてきました。
3ヶ月こう太
真っ白こう太
唯一の青い首輪

これは、うちに(まだ実家の頃)にやって来た翌日のこう太です。
なぜかその当時はあまり写真をとる気もなかったのか、
ほんとの子犬の頃のこう太はこれだけ・・・。
なので、シャッターを切ってくれてた妹子に感謝!

ずっと前のような、ちょっと前のようなミニこう太。
この時はまだなれない環境に大人しかったのですが、
その後、カミカミ暴れん坊に豹変し被害者続出となったのでした。

でも、今ではどんな出来事も懐かしく、
この写真は私達にとっては"伝説の写真"となってます。
そして今夜も、そんな画像を見ては「癒された~」と騒いでいる男がひとり。
よかったねぇ。

肉球キーホルダー

気温 最低-3℃/最高9℃
大きな低気圧の影響がだんだんとやって来ているのか、
なんだか気温も湿気も上がってきたようです。

肉球キーホルダー
数えるほどしかないトモ夫の手作りモノ、数年前にもらった肉球キーホルダー。
普段、あまりにもあたり前のように使っていたので気付かなかったのですが、
ずいぶん自然のツヤが出てきました。
可哀そうにこのキーホルダー、落とすわ、ぶけるわで傷だらけ。
でも、しっくりと手に馴染む木の感触とか、肉球の感じ好きなんです。

こういうのを愛着っていうのかな。

ヒヨコとタマゴの関係

気温 最低-11℃/最高-6℃
今日も吹雪いたり曇ったりの日。
雪が水分を含むようになり、除雪もサササとはいかなくなってきました。

ここが限界です
おとといのヒヨコくん、日本の技が・・とお伝えしましたが、
その技とはこけしを作る際の技法のひとつで、「木の収縮と膨張」の
作用を利用したものだとか。

ヒヨコ用の木材はよーく乾燥させてからヒヨコくんを作成し、
タマゴ用の木材は反対によーく湿らせ膨張させてからタマゴに。
くりぬいたタマゴにヒヨコくんを入れ、そこから木の作用の始まりです。
とっても乾燥しているヒヨコくんは、タマゴと空気中の水分をグングン吸って膨張し、
反対にタマゴの方は、乾燥していくことで収縮しその穴も小さくなっていきます。
ヒヨコくんは自らの成長と穴の変化でここで暮らすことになったのですね。

・・・とは言っても、こんな出そうで出ない絶妙なバランスは作家さんのまさに技。
このヒヨコくん、かわいいけれど実はすごいヤツなんですね~。

こんにちは

気温 最低-8℃/最高0℃
曇りの日。夜になって冷たい風が吹いてきました。

こんにちは
ひょっこり、ひょっこりいつも覗いているヒヨコくん。
タマゴから出そうで出ないその体。
どうやってキミが入ったのかずいぶん考えました・・・。

でも結局わからず
お店のおねえさんに聞いちゃった。
ヒヨコくん、かわいい顔して日本の技がつまっているのね。

川崎大師の久寿餅

気温 最低-7℃/最高-5℃
晴れたり降ったりの変わりやすい天気。
このところの降雪で、30センチくらい積もりました。
今日は東京地方でも雪降りだったとか。。
北国ではあたり前ですが、滅多に雪の降らない街では
大変な一日になったのではないでしょうか。

こう太チェック
トモ夫実家より「くずもち食べる?」の連絡に、
「食べたい!」とわがままを言ったら、さっそく送ってくれました。
もちろん今回もこう太チェックは欠かしません。

川崎大師の久寿餅
このくずもちは、トモ夫の実家では毎年恒例の味。
毎年この時期に、トモ夫のバーバ(トモ夫はこう呼んでいるので・・)が
川崎大師にお参りに行った帰りに、必ずみんなにお土産で買ってきてくれる物なのです。
いつの頃か自分も毎年一緒に頂くようになり、気付けば自分自身も恒例の味となっていました。

年が明けたこの時期に届くこのくずもち、なんとなく春を呼ぶ感じがします。
実際はまだまだ先ですけど、ね。

何年も食べていて今日はじめて気付いたんですが・・・
このくずもち、漢字では「久寿餅」と書きます。
原材料も葛粉ではなく、小麦澱粉を蒸し固めた餅。
あのいわゆる「葛餅」とは違うものだったんですねー。
でも、きなこと黒蜜でメチャウマですっ。

さくらの郷土食

気温 最低6℃/最高11℃
夜になり本格的な雨。
だんだんと冷えてきました。明日は雪か?

さくらの郷土食
私たちが、人生において2番目に長く暮らした場所、
それは富士山麓の河口湖。
約6年間ここに来る前に暮らしており、その間にさくらにも出会いました。
そんなさくらの故郷でもある山梨県(河口湖は山梨にあります)は
「ほうとう」と言う食べ物が有名です。
うどんのようなものなんですが麺はもっとドシっとしていて、
鍋に根野菜をドサッと入れてグツグツ煮込んでいきます。
味は味噌仕立て。

観光地では店でも出していますが、やはりご当地の食。
スーパーでは「生ほうとう」が安価で売られ、家で作って食べるのが普通でした。
寒い所ならではの体の温まる一品に、当時の冬はよく作って食べていたのを思い出します。

きっとそれぞれ土地々で「スーパーにこんな物が普通に売ってるのー?」って
言う郷土食っていろいろあるんでしょうね。
山梨が「ほうとう」なら、ここ北海道は「ジンギスカン」のラムの漬込み
冷凍パックが普通に売られてたりします。
今でこそ当たり前となりましたが、来た当初はたくさんの種類が
店頭に並んでいるのに驚いたものです。

今回はたまたま手に入った生ほうとうでしたが、
ほうとうの一番の決め手である「カボチャ」を入れ忘れ・・。
ニセモノほうとうになってしまった・・。
でも、いただきまーす。

夜長のおとも

気温 最低7℃/最高16℃
うす曇の日。
このくらいの気温って、散歩をしていても快適快適。

夜長のおとも
最近うちにやって来た新メンバーです。
陶器で出来ているこのうーさん、そのままでもほっこりと白くかわいいのですが、
夜になるとさらに大変身。
癒しの灯りに夜長もほのぼのです。

最初、さくらは「何者?」とうーさんを遠巻きにクンクン。
「なんだ食べられないウサギか」と思ったかは定かではありませんが、
その後興味なさそうにほんわり照らされてました。

トモ夫、本業発揮する

気温 最低9℃/最高14℃
風の強い日。残念ながらやっぱり晴れず、どんより曇り。

料理人の旦那さんは家では料理を作らない-
と言いますが、家具職人も例外ではないようです。
トモ夫は家具職人。
工場で返品された家具が何点かあったとのことでめずらしく思い立ち、
返品素材でデスクを作ってくれることに・・・。

作業その1
工場にお邪魔し、作業工程をしばし観察。
木工機械は刃物が直に出ているものが多いので、とても危険です。
指を落とす職人さんが多いのもうなずけます。

作業その2
単純な作業でも正確さが重要、そして速さも要求されます。
出来上がった家具からは想像できませんが、
その工程は職人さんの地味な作業の積み重ねだったりするのですね。

返品素材デスク
さてさて出来上がりました。
今回は返品素材だったので、トモ夫いわく「これは作ったうちに入らない」
とのことでしたが、木の家具がひとつ増えるだけで部屋の雰囲気も変わりいい気分。

トモ夫よ、これを期にどんどん作ってくださいなー。

何サイズ?

気温 最低6℃/最高13℃
空色がきれいな肌寒い晴天でした。
朝出掛けて行ったトモ夫から即電話があり、何事かと思ったら「雪虫がいた」とのこと。
ほんと?もうそんな時期なんだぁ。
10月18日

何サイズ?
犬好きの友人から数年前に届いたハガキ。
きっと何の気なしに送ってくれたこのハガキですが、
今では我が家の大切なモノなんです。
これを見るたび、「そうだそうだ、そーだよなぁ」と
気持ちが基本にもどっていき、元気が出てきます。

何かに迷ったり、落ち込んだ時、
よかったら「じぶんサイズ」って思い出してみて下さい。。。

全ての記事を見る

Home > お気に入り Archive

Blog Links
Links
Misc
For Mobile
  • Inug-Life 森で暮らせば for モバイル
  •  モバイル版はこちらから
  •  http://www.inug-life.com/i/
  •  iPhone版はこちらから
Feeds
Counter
  • user online
  • いつも来てくれてありがと~

Return to page top