Home > 北国の暮らし > | 北海道で暮らしてみれば > 現状回復

現状回復

気温 最低20℃/最高25℃
全国的に猛暑とのことですが、いや~ほんと暑いですね。
更新が飛び石となっている間に、ここ北海道も湿気が多く暑かったです。
でも今日は、ムワ~っとするあの湿気がなくなり「助かった!」のひと言。

人の枕で寝るこう太
先日の"丘超え小一時間の物件"。
交渉の末、昨日なんとか契約することが出来ました。
22日に引越しです。
本来なら「やったー!」と喜びばかりのご報告になるのですが、
いろんな意味でペット可賃貸の難しさを考えさせられトーン落ち気味。

北海道に来る以前に借りていた家は、
大家さんと直接の契約(って言うだけで田舎の古家と想像できるでしょうか??)
が2件、不動産屋さん管理の借家が1件。
どこも細かい入居と退去の契約事項もなく、犬がいても普通に使っている分には
特別問題なく引っ越すことができたんです。

なので・・・

今回、退去の際の難しさを思い知らされることとなりました。
今の家は不動産屋仲介の大家さん管理。
賃貸3年で大家さんが戻りたいというのだから、
もともと「自分ちをちょっと貸している」感覚だったのかもしれません。
そこで関わってくるのが現状回復。
どこまでが原状回復になるのか?この線引きは微妙で難しいです。
(不動産屋さんに聞いたところ、大家さんによって借主の
美装代負担額もぜんぜん違うとのこと)
大家さんも自分の感情と他にアドバイスを受けながらのようで、
1度目と2度目の話しで原状回復のラインも変わったり・・・。
素人大家さんとのこういった退去の交渉は難しいものですね。
ドロドロのボロボロにしてしまったならこれは致し方ないですが、
必要以上に取れれるのはちょっと、ねぇ。
お互いスッキリ納得でサヨナラ~できればいいのだけど。

ちなみに次の家も大家さん管理・・・。
これまたうちが初めての借主となるので気になるのでしょう、定期的に点検に来るとか。
しかもペットを飼っていなかった家のペット可なので、けっこう緊張です。
あぁ、出来ることなら賃貸は次を最後にしたいなぁ~、おいトモ夫よ。

って思いっきりグチっちゃいました。
ゴメンナサイ。

Comments:6

小太郎 2006年7月15日 17:49

まずは契約完了、お疲れ様でした~。
原状回復というのは人間の話だけでも難しいことが多いですよね。
私達も数年前にコーポから退去するとき
冷蔵庫やベッドを置いたへこみがクッションフロアに出来たから・・・と
総張替えを要求されて、さすがに切れました!!
クッションフロアにあとつけずに住むなんてムリな話ですよね。

でも、大家さんの気持ちや考えだけでなく
他の人や業者の欲が絡みだすと怖い話。
後々もめごととして残したくないだけに
すっきりと納得できる退去になるといいですね・・・
小太郎も心から願ってます。

隣りでオットが
「こう太さんの鼻はマッシュルームの断面図みたいやね」だって。
しっとりして美味しそうに見えて来ました。

めぐ 2006年7月16日 00:01

あー、なんか心配で嫌ですねー。 アメリカも大手の不動産会社の賃貸の場合はどんなに奇麗に住んでも、仮に何のダメージがなくても美装代負担額は必ずと言っていいほど取られます。 奇麗でも汚くても壁を塗り替え、フロアーの掃除をしなくてはならないらしいです。その代金は最低でも取られる感じなんですよね。 個人的に大家をしている人は心配ですよね。 契約書には何て書いてあったのでしょうか? 

kin 2006年7月16日 01:34

ご参考までに…。
基本的に国土交通省住宅局(民間住宅関係)では
原状回復に関するガイドラインが設けられています。
時間が取れるようだったらネットで見てみるのがお勧めです。
わかりやすくまとめてネットにアップしてくれてる人もいますよ。
個人的契約でもペット可で契約成立してる以上、
ガイドラインに照らし合わせて、取られ過ぎには要注意だね!
近頃、やはり原状回復に関するトラブルが増えているんですね~。
一番簡単なのは入居の際、元からある傷や汚れなんかは特に
写真やビデオに撮っておくのが退去の際に役に立つよん。

飼い主の忙しさとは無関係に、幸せそうなこう太くんのアドバイス通り
時には「まぁ、一休み…」ですよ♪
引越し準備、体調崩さないように頑張って!!

komi 2006年7月17日 07:10

>小太郎さん
ありがとうございます~。ほんと期限ギリギリになんとか決まりました。
生活していて老朽したし、傷んだりは修復費ではないともいうけど、
小太郎さんたちのように請求されたりもあるんですよね。
原状回復ってほんと難しい!
来週引越し後に大家さんと立会い点検なので、
スッキリ話し合いが出来ればいいのだけれど・・。


マッシュルーム!!ですねー。
言われてもう一度見直して、うちも二人で爆笑してしまいました。

komi 2006年7月17日 07:18

>めぐさん
アメリカでは入居したら全部借主負担なんだね。
借りる方の負担は大きいけど、ある意味わかりやすいかも。
さすが合理的な国、アメリカです。
契約書には水まわりの美装代負担となっていたけど、
床も窓も入居前と同じにできないなら全面クリーニングは借主負担で、と。
でも、大家さんが間髪入れずに即戻ってくるから、こっちで掃除する時間もないのだけどね。

komi 2006年7月17日 07:33

>kinさん
情報ありがとう!
国のガイドラインと現実の現状回復の状況はズレがあるかもしれないね。
大家さんによる部分が大きいのかもしれないなぁ。
今回の場合、また人に貸すのではなく大家さんが戻ってくるから
なおさらなのかもね。
入居した時に大家さんの犬がガシガシした部分の写真だけは撮っておいたんだけど、
もっと細かくあちこち撮っておけばよかった。
毎回勉強になるわ~。
ほーんとね、引越しは疲れるもの。
こう太と時にはのんびりしながらがんばりまーすっ。

Comment Form
コメントありがとうございます。投稿時、動作が遅いことがありますがそのままお待ちいただくと投稿が完了いたします。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.inug-life.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2099
Listed below are links to weblogs that reference
現状回復 from Inug-Life

Home > 北国の暮らし > | 北海道で暮らしてみれば > 現状回復

Blog Links
Links
Misc
For Mobile
  • Inug-Life 森で暮らせば for モバイル
  •  モバイル版はこちらから
  •  http://www.inug-life.com/i/
  •  iPhone版はこちらから
Feeds
Counter
  • user online
  • いつも来てくれてありがと~

Return to page top