Home > 北海道で暮らしてみれば > | 飼い主のひとり言 > 中富良野のおじさん

中富良野のおじさん

気温 最低10℃/最高21℃
うす曇の日。スッキリ晴れないですねぇ。

ほんとは青空ならよかったのですが、
ここは妥協して私達がよく行く白樺街道に妹子を連れて行ってきました。
いつも車を停める駐車場に着いたところ、北海道に来て初めて出会ってしまいました・・・。

捨て犬、です。

観光客のあいだをウロウロしているものの、飼い主は見当たらず。
子犬からちょっと大きくなった歳頃でしょうか、
大きさは柴犬くらいの男の子、毛はボサボサ、耳やシッポにかじられた痕。
あきらかに過酷な環境下にいた形跡のあるワンコくんでしたが、
人に対して恐怖や威嚇はなく、逆にすがるように寄ってくるほど。
寂しいのでしょうね、きっと。

どうしたらいいものかと思っていたところ、
近くで作業をしていた一人のおじさんがやって来て
「朝からこの駐車場にいた」と教えてくれました。
あまりにも不自然な新品の真っ赤な革の首輪をしているワンコくん。
これって捨てるためにわざわざ買ったの・・・?残酷すぎる。

そして先ほどのおじさん、
作業そっちのけでワンコくんが近づくなり、すぐさま目の前に座り首や耳やら撫でまわし
付いてしまった巨大ダニを「かわいそうになぁ」とブンブン取ってあげてました。
これは相当な犬好きなはず。
話を聞けばつい最近、近くの場所でも捨て犬がいたらしく
そのワンコはおじさんが里親になったそう。
そしてもう心に決めていたようで
「近所で飼ってもらう所みつかるから、一緒に行こうなぁ」
とニコニコワンコくんに話しかけてました。

よかったねぇ、よかったねぇ。

しばらくして軽トラの助手席下にワンコを乗せ、
手を振るおじさんを見送ったのでした。
中富良野のおじさん、どうかワンコくんをよろしくお願いします。

さくらも捨て犬でした
"誰かが飼ってくれるだろう"
なんて思いでどうか置いていかないでください。
さくらや今日のワンコくんのような出会いはほんのわずかなことです。
大多数が日々、現状ではどうしようもない死を迎えるのが現実です。
どうかお願いします。

Comments:10

kin 2006年6月14日 21:55

ワンコくん、本当によかったね。
家の周りでは、私はまだ一度も捨て犬君を見かけたことがない。
何故捨て犬という存在がいるのかどうしても理解できないんだよね。
今なんて、コッカプーとかチワックスとか雑種なのに聞こえがいいような名前をつけてペットショップでも扱う始末。
今はいいけど将来が怖い。捨てちゃう人がいないといいけど。
ワンコやニャンコは絶対悪くない。
悪いのは全て人間。なのに殺されちゃううのは立場の弱い動物達。
…悲しいかな、人間という存在がある限りあり続ける事なんだろうね。

それでも、komiの様に声に出すことが意味あることなんだね。

がんちゃん 2006年6月14日 22:43

うちの実家で飼っている外犬のポロも、元は捨て犬。
里親の会から、縁があってうちに来たんだけど
保健所で処分される前日に保護されたとか。。。
うちではかけがえのないポロだけど、簡単に処分されかけてたという事実。。。
ほんと、捨て犬なんてひどいと思う。
私もまったく理解できないよ。

でも、そのノラくん、引き取ってもらえて
よかったね。ほんと、よかった。

kaka 2006年6月14日 22:46

ホント良かった良かった。
ワンコ君、優しいおじさんに出会えて良かったねぇ。
今やペットブームの時代
この問題は減るどころか
増え続けていくんでしょね(TへT)。

komi 2006年6月15日 11:26

>kinさん
今回は本当によかった。
さすがに都会では捨て犬はなくなってきたんだろうね。
でも、残念ながらなくなったわけではなく移動しただけ・・。
富士山麓でも捨て犬はかなり多かった(さくらもそうだね)。
生き物なのに商売が先に立つこの国・・・どうにしても飼ったなら
まずは最後まで責任を持つことからなのかなと思うよ。

komi 2006年6月15日 11:36

>がんちゃん
お~、ポロちゃん本当によかったね!
最近ではそういった里親の会とかで、新しい出会いの場が増えてきたのはうれしいかぎり。
もちろん労力はいるけど、里親って見つけようと思えば見つかるもの。
どうしても飼えないならせめて次の飼い主を見つけてほしいよね。
今回のワンコくん、置いていかれた当日に引き取られてほんと何よりだったよ。

komi 2006年6月15日 11:44

>kakaさん
今回のワンコくん、おじさんに出会えて本当によかったです。
こんなにすぐに引き取ってもらえるなんて現実からするとまれなこと・・。

ペットブームっていうといつかはなくなるってことか?って思ってしまいます。

単純に、生き物を流行り物にしないでくれーですよね。

小太郎 2006年6月15日 16:31

ワンコ君、
今までツライ目にもたくさんあったかもしれないけど
いいおじさんに出会えてよかった。
今までのツライことも忘れられるくらい、
いい出会いがありますように。
今までより100倍幸せになれますように。

meg 2006年6月15日 22:27

迷子じゃなくて、捨てられてたんだ? 首輪があって、名札がない、って所がそうみたいですね。 マイルスも処分される1日前にレスキューされたみたい。 こんなに良い犬なのに。

komi 2006年6月16日 11:57

>小太郎さん
ほんとワンコくんは強運だと思います。
おじさんの目はやさしかったので安心してお願いしました。
中富良野のワンコになって幸せになってほしいですよね~。

komi 2006年6月16日 12:00

>megさん
ワンコくんの身なり?と首輪の真新しさが不自然すぎたよ。
そうかぁ、前日に助けられるなんて・・・
マイルスくんも本当によかったね!
犬の生き方は人間次第ってつくづく思うよ。

Comment Form
コメントありがとうございます。投稿時、動作が遅いことがありますがそのままお待ちいただくと投稿が完了いたします。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.inug-life.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2079
Listed below are links to weblogs that reference
中富良野のおじさん from Inug-Life

Home > 北海道で暮らしてみれば > | 飼い主のひとり言 > 中富良野のおじさん

Blog Links
Links
Misc
For Mobile
  • Inug-Life 森で暮らせば for モバイル
  •  モバイル版はこちらから
  •  http://www.inug-life.com/i/
  •  iPhone版はこちらから
Feeds
Counter
  • user online
  • いつも来てくれてありがと~

Return to page top