Home > 北海道で暮らしてみれば > | > | 甲状腺機能低下症ほか疾患 > さくらの耳話

さくらの耳話

気温 最低-7℃/最高-3℃
夜半に雪が降ったようで、また真っ白の世界に戻りました。
今日で1月も終わりなんですね。早いなぁ。
1月31日

さくら
さくらの耳掃除
をしてから半月ほど経ちました。

あれから何度か洗浄をしていたんですが、
あまり変化がみられない状況です。
一度菌が増殖してしまうとナチュラルケアだけでは難しいのかも・・。
このままだと悪化させてしまうかもしれないので、今週病院に行って来ます。

まだまだ試し始めたばかりですが、ナチュラルケアって「治す」というより
どちらかと言うと、「予防や安定した状態を作る」と言った観点でみたほうが
より有効な感じがします。

さくらの耳の状態が落ち着いたら、今度は予防としてケアを再開してみようと思います。

Comments:12

kaka 2006年2月 1日 21:05

こんばんわ
凄い綺麗な雪景色ですね。
大の字に飛び込みたい気持ちになりますf^^;)。
ちゃこの耳掃除をする時、りんご酢でやってみました(^^)v。

komi 2006年2月 2日 00:07

>kakaさん
こんばんはー。
誰も踏み入れていない雪の中って、
なぜか踏み入れたい衝動にかられますよねー。
でもこの雪、新雪なので飛び込んだら
きっとボスっと埋まるかも(^^)

洗浄液、試されたんですね~。
ちゃこたんも酵母菌持ちですか?
もし普通の耳掃除の場合だったら、緑茶もよいそうですよ。
(大さじ1の緑茶に1カップのお湯を加えて
5分ほど蒸らし、冷ましたもの)

kin 2006年2月 2日 01:12

イヤー、ほんとここまで誰も踏み入れてない様な積雪だと飛び込みたくなるな。
でも、なんでかいつも私の第一印象の感想では「おいしそう」なんだよね(^_^)

さくらちゃんの目のアップを初めて見ました。
3色くらいの茶色グラデーションなんだね♪
ワン子も目の色、様々だね。
シェルにいたってはブルーアイの子もいるしね。
キャロはじっくり覗き込まないと瞳孔までは見えないくらい濃い~こげ茶でしたね。

小太郎 2006年2月 2日 09:00

足跡一つない雪のじゅうたんは
真っ白いスエードみたいですね。
私もkakaさん同様、思い切りダイブしたいです~。

さっそくリクエストにおこたえいただいて嬉しいです!!
その目の中に何が映っているのか
時々知りたくなりますよね。
私やオットは、たまにド・アップで撮った画像の目の部分をパソコンで拡大しては
『コレ、たぶんオットが映ってるよ』なんて
しょうもなく喜んでいました。

さくらさんの耳、
komiさんのケアだけで落ち着くように
早く治してもらえると良いですね。

komi 2006年2月 2日 11:12

>kinさん
「おいしそう」かぁ(^.^)
フワフワ感とか、なんだかわかる気がするなぁ。
そして、やっぱり飛び込みたくなるよね♪

そうか!さくらの目ってグラデーションだったんだ、発見です。
たしかにそうだなぁ。
キャロちゃんはもっと濃かったんだね。
人種ならね犬種もたくさんがあるだけに、
その目の色もいろいろなんだろうね。
本物のブルーアイって見たことないけど、
きれいなんだろうね~。

komi 2006年2月 2日 11:21

>小太郎さん
やはり小太郎さんも飛び込みたくなりますかー(^^)
みんな同じ衝動に駆られるんですねっ。

小太郎さん夫婦って、なかなかのおもしろ夫婦だわ♪仲良しさんですね。
そう言えば前にトモ夫が、こう太かさくらか忘れたけど
目を覗き込んで「映ってる~」とか言っていたなぁ。

内分泌系の病気って、バランスをうまく保たないと
いろんな症状として出てしまうみたいです。
安定した状態を作ってあげられればなぁと思います。。

kaka 2006年2月 2日 18:06

え"!?りんご酢ミミ掃除って酵母菌を持っている子用なんですか?(゜~。)
酵母菌って・・・・??
っま、いーーやf^^;)
ちゃこは一度、耳ダニになった事があって治ったんだけど、でもやっぱり その耳が弱い様で、耳垢が良く貯まるので丁度いいかなぁ~っとやってみました。ナチュラルケアは大好きなので今度、緑茶もやってみます(^mm^)

めぐ 2006年2月 2日 23:37

なるほど。 マイルスも歯槽膿漏っぽく歯茎の歯の付け根が少し赤いくて、歯磨きしてもなかなか良くならないのが心配。獣医はたいして悪くない、って言うんだけど治って欲しいな。そして又肛門腺が詰まってしまった。爪も切らないとならないし、良く獣医にお世話になります。

komi 2006年2月 3日 09:31

>kakaさん
酵母菌って、よくあるあの酵母と同じだと思うんですけど、
皮膚にも存在していて、免疫力が落ちたりして環境が変わると
増殖して炎症を起こしてしまうそうです。

見えない部分だけに、耳はケアが難しいですね。

komi 2006年2月 3日 09:39

>めぐさん
耳もそうだけど、歯のケアも難しいよね。
マイルスくんは爪はNO!だけど、歯はいじらせてくれるんだね(^^)
動物病院って、出来ない、足りない部分を補ってもらえるそんな存在だといいよね~。

めぐ 2006年2月 3日 23:17

昨日マイルスの爪切りに獣医に行ってきたんだけど、薬でぐったりしていても、それでも爪切りに戦っているマイルスに獣医もビックリしてました。(笑)そうとう嫌いみたいです。

komi 2006年2月 4日 15:22

>めぐさん
ほんと爪切り大ッ嫌いなんだねぇ!
そうか、あまりにもすごいと薬頼みになっちゃうんだなぁ。
もし恐怖とかで暴れるのであれば、バッチフラワーを病院に行く前からあげることで、マイルスくんも気持ちがやわらぐかもね~。

Comment Form
コメントありがとうございます。投稿時、動作が遅いことがありますがそのままお待ちいただくと投稿が完了いたします。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.inug-life.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2516
Listed below are links to weblogs that reference
さくらの耳話 from Inug-Life

Home > 北海道で暮らしてみれば > | > | 甲状腺機能低下症ほか疾患 > さくらの耳話

Blog Links
Links
Misc
For Mobile
  • Inug-Life 森で暮らせば for モバイル
  •  モバイル版はこちらから
  •  http://www.inug-life.com/i/
  •  iPhone版はこちらから
Feeds
Counter
  • user online
  • いつも来てくれてありがと~

Return to page top